お気軽にお問い合わせください!

フリーダイヤル
0120-588-967

アクシダーム

注射不要で肌深層にヒアルロン酸やビタミンなど
有効成分をしっかりと大量に注入!
美白、しわ・たるみ・ニキビ跡の改善、ダイエットに

Symptoms

こんな症状に

  • 美白
  • 肌のハリ、ツヤアップ
  • 黒ずみ、くすみ改善
  • しわ、たるみ改善
  • ニキビ、ニキビ跡の改善
  • アンチエイジング全般
  • ダイエット(脂肪溶解)
  • 発毛、育毛
about

メディカルハイパーイオン導入(アクシダーム)とは

  • 注射や点滴などを使用せずに痛みなく注入
  • 特殊な技法で肌深層へ大量かつ広範囲に浸透
  • 肌のアンチエイジング、タイトニング、引き締めに効果的

最新の美容医療機器「メディカルハイパーイオン導入(アクシダーム)」とは

メディカルハイパーイオン導入(アクシダーム)は、マサチューセッツ工科大学やハーバード大学で研究された
エレクトロポレーション理論(電子穿孔理論)を応用した美容医療機器で、
注射や手術などを一切行わずに肌の深層に有効成分を無痛で大量に浸透させることができます。
既に欧米では1,000台以上導入されている人気の治療法です。

ヒアルロン酸等の脂溶成分や高分子成分もしっかりと導入

イオン導入や超音波では限界があった脂溶性成分や分子の大きな成分も、
エレクトロポレーション理論(電子穿孔理論)であれば肌深層にまで確実に浸透させることが可能です。
エレクトロポレーション理論によって特殊な電気を通すと、
毛穴が一瞬だけ開きその瞬間に有効成分を表皮から10cm以上深くまで注入させることができます。

当院でおすすめの注入成分

〇ビタミンC誘導体 :美白、ニキビの赤み、色素沈着など
ビタミンC(アスコルビン酸)は美白効果やニキビケアに優れた物質ですが、皮膚への浸透は悪く、酸化しやすい点が難点でした。
そこでビタミンCにリン酸基と結合させることで安定性と吸収率を高めたのが、APS(リン酸型ビタミンC誘導体)です。
ビタミンC誘導体は、臨床的にニキビ跡の赤み、色素沈着、皮脂分泌の抑制、
コラーゲンの生成の促進などの効果が確認されおり、最も古くから皮膚科で使用されています。

※ニキビ治療では5%以上の高濃度で効果を発揮しますが、
皮膚への刺激性、乾燥性が現れる場合があるため事前の診察やテストが大切です。

<オススメ> APPS(パルミチン酸アスコルビン酸3Na)
最も名前の知られたビタミン誘導体です。
浸透度に優れ、刺激が少ない特徴があります。
しかし安定性が低くすぐに酸化するので使用の度に溶かして使う必要があります。
また安定性が悪いので高濃度で使用できません。
※市販のAPPSが含まれた化粧水が酸っぱい臭いがする場合は、すでに酸化してしまっている可能性が高いです。
<オススメ★★> VCエチル | 3-O-エチルアスコルビン酸
・即効性あり!! 酵素反応を必要とせず、そのままの形で皮膚内でビタミンCとして作用します。 ・72時間という持続性! 通常の水溶性ビタミンC誘導体は、6~8時間かけて徐々に分解され代謝されます。
しかしVCエチルは、そのままの形でもビタミンCと同様に作用するため、最終的には72時間かけてじっくりと効果を発揮します。 ・安定性が高い! 通常、ビタミンCやビタミンC誘導体は熱に弱く、すぐに酸化してしまいます。
しかしVCエチルは40℃の水溶液中で90日が経過しても約90%と非常に高い残存率を示します。 ・紫外線によるシミを防ぐ! VCエチルは、紫外線により「メラニン単量体」が重合してメラニンになるのを抑制します。 ・分子レベルでのビタミンC含有量が多い! VCエチル5%は APS 8% APPS 14%と同等のビタミンC含有量です。
<オススメ★> VC-3G・VCグリセリル| 3-O-グリセリルアスコルビン酸
VC-3G・VCグリセリルは、保湿成分であるグリセリンを結合させており
リン酸ナトリウムを含まないため、ドライ肌の方でも刺激や乾燥がほとんどありません。
また高濃度でも安心して使用できます。
今まで他のビタミンC製剤が合わなかった方も是非一度試して頂きたいビタミンCです。
主要なビタミンC誘導体の比較
VCエチル APPS APS
当院で推奨している
ビタミンC誘導体
一般的な
新型ビタミンC誘導体
従来型ビタミンC誘導体
(ナビジョン医療用成分)
美白効果 〇~△
皮膚への浸透性
ビタミンC効果の持続性 ◎ 72時間 × 1~2時間 △ 6~8時間
刺激の少なさ ◎ 濃度が低いため
抗ニキビ効果 ×
紫外線対策 ×
ビタミンC効果の持続性含有量 ×
〇高濃度EGF(上皮細胞再生因子);肌再生、ニキビ跡・色素沈着改善
上皮細胞再生因子「EGF」は、アメリカの生化学者スタンリー・コーエン博士が発見したタンパク質で、
「Epidermal Growth」Factor」の略称です。
EGFには肌細胞の成長促進や修復・再生作用があるため、
以前からやけど治療の皮膚移植や角膜切開時の回復促進などの医療現場で使用されていました。

美容医療の観点では、EGFには皮膚の細胞分裂を促進させて再生させる効果があるため、
ニキビ跡の色素沈着の改善、老化した肌の再生効果も期待できます。

<治りにくいニキビ跡治療にも効果的!>
ニキビ跡は、メラニン色素が肌に定着して色素沈着を起こしている状態です。
本来であれば、ニキビ跡による色素沈着は肌のターンオーバーによって少しずつ改善していくものですが、
ニキビ発生後は肌のターンオーバーが乱れていたり、メラニンの過剰分泌が起こりやすく、
なかなかニキビ跡が改善しにくい状態に那ています。
このような際には、EGFをメディカルハイパーイオン(アクシダーム)で導入することで、
ニキビ発生後のダメージを受けた肌を修復し、新しい皮膚細胞を作ることができます。
さらにラクトピーリングとあわせて行うと皮膚のターンオーバー機能も整うため、
ニキビ跡の色素沈着を効率的に解消していく効果が期待できます。
※EGFは1ppm以上の濃度で効果がありますが、当院ではその10倍の濃度10ppmのEGFを使用しています。
〇その他の導入成分例
美白・アンチエイジング:ビタミンA・C・E、トラネキサム酸、ヒアルロン酸など
ニキビ治療:高濃度EGF(上皮細胞再生因子)
引き締め・リフトアップ:ビタミンA・C・E、αリポ酸、ヒアルロン酸など
ダイエット・部分痩せ:フォスファチジルコリン、デオキシコール酸など
flow

施術の流れ

  • 医師による診察
  • 患部に導入

※1回でも効果がありますが、繰り返し治療することで効果が大きくなります。
※腫れや痛みはないので、術後はそのままお帰りいただくことが可能です。
※施術当日からメイクや入浴が可能です。

FAQ

よくある質問

Q.メディカルハイパーイオン導入(アクシダーム)が肝斑治療に効果的だと聞きましたが本当ですか?
A.メディカルハイパーイオン導入(アクシダーム)は
肝斑治療に有効なビタミンCやトラネキサム酸を導入することができます。
レーザー治療が禁忌のため、肝斑が気になる方にはお勧めです。
Q.痛みが本当にないのか心配です。
A.電気を肌に通す際に少しだけピリピリした感じがありますが、痛みというほどではありません。